【第38回関東日刊紙競艇記者クラブ杯】2020年5月15日~18日 優勝者 4356 長岡 良也 選手

曇り空のもと穏やかな水面で行われた優勝戦は激戦となった。進入は枠なりの3対3。2コースからコンマ22のスタートとなった2号艇の長岡良也(36=兵庫)だがバックで逃げる遠藤エミを差して捕らえ2マークで振り切って後続を離し今年2度目のVゴールへと飛び込んだ。優勝した長岡は「スタートはもっと行けた。外から後藤選手が来ていたので、展開面も良かった。エンジンを上積み出来ていたのも大きかった。」と話した。昨年は優勝が無かった長岡だが今年はこれで2優勝。来月に控える鳴門の記念に向けても良い流れを作る開催となったはずだ。
なお、2着には5号艇の後藤陽介、3着には1号艇の遠藤エミが入り、3連単は3万円台の高配当決着となった。


【第38回関東日刊紙競艇記者クラブ杯】2020年5月15日~18日 3日目 予選最終日

明日の優勝戦メンバーが決定しました!

12R
①遠藤 エミ(滋賀)
②長岡 良也(兵庫)
③近江 翔吾(香川)
④飯島 昌弘(埼玉)
⑤後藤 陽介(愛知)
⑥長嶋 万記(静岡)

 

4502遠藤エミ選手          4356長岡良也選手          4643近江翔吾選手

3679飯島昌弘選手          4062後藤陽介選手          4190長嶋万記選手


【第38回関東日刊紙競艇記者クラブ杯】2020年5月15日~18日 2日目

得点率トップ☆4502遠藤エミ選手   3256三角哲男選手          3903白石健選手

5030金子千穂選手          3679飯島昌弘選手          4356長岡良也選手


【第38回関東日刊紙競艇記者クラブ杯】2020年5月15日~18日 初日

連勝発進☆4643近江翔吾選手     初日選抜勝利☆3679飯島昌弘選手   4502遠藤エミ選手

3518倉田郁美選手          4823中村桃佳選手          4093吉田宗弘選手


【第38回関東日刊紙競艇記者クラブ杯】2020年5月15日~18日 前検日

白石健の決め手上位。遠藤エミら女子勢も強力

5月に4節続く4日間シリーズの第2弾。今回は男女混合で、遠藤エミ、長嶋万記、4月に産休復帰したばかりの中村桃佳と女子強豪も参戦する。総合力は男子の白石健がトップ。スタートのキレ、今年優勝2回、近況の流れでも優位に立つ。近況勝率は遠藤がトップ。先行力ある小坂尚哉、攻撃鋭い三角哲男、スピードある長岡良也も迫る。荻野裕介、近江翔吾のさばきも巧み。

4502遠藤エミ選手          4190長嶋万記選手          4823中村桃佳選手

3903白石健選手           4295小坂尚哉選手          3256三角哲男選手

4356長岡良也選手          4085荻野裕介選手          4643近江翔吾選手

追加参戦☆3679飯島昌弘選手 1番時計(6秒62)は前節V32号機の4598加藤政彦選手 エース17号機☆3518倉田郁美選手

3254柳澤千春選手          3546中里昌志選手          4053芦澤望選手

4062後藤陽介選手          4091荒田泰明選手          4177萬正嗣選手

4186小川時光選手          4641磯村匠選手          来期から自身初のA級☆4700金子和之選手

4844村上奈穂選手          5030金子千穂選手          5088高憧四季選手