【第12回日刊ゲンダイ杯 】2017年6月1日~4日 優勝者 3484 芝田浩治 選手

1号艇の芝田浩治(45=兵庫)が、危うい展開を何とかしのいだ。スタートはコンマ21。対する3コースの折下寛法が同14のトップタイミングで飛び出した上に、2コースがへこむ最悪の展開。しかし、折下をけん制しつつ、巧みなイン先マイに持ち込み、押し切った。芝田は3月の桐生以来、今年2回目、通算62回目の優勝を飾った。折下のまくり差しは不発で、外を回った淺香文武が2着。地元の西村勝が道中で倉谷和信を逆転して3着に食い込んだ。
腹をくくった対処が奏功した。「スタート21? 行き足が不安定だった。1Mは駄目もとでレバーを落として回った」。まくられるのを覚悟で自分のターンに徹した。一方の折下は「行けば引っかかりましたよね?」と差しを選択。この思惑が結果的に芝田優位に働いた。芝田は「追い風に助けられた」と水面状況に感謝した。
これで4節連続優出中、しかも今節は低調機を立て直しての優勝と安定感が光った。「先を考えると、このエンジンで優勝できたのは大きい。でも1走1走マイペースに」。次は平和島一般戦、SG鳴門グラチャンと続くが、グレードを問わず、職人技を繰り出す。


【第12回日刊ゲンダイ杯 】2017年6月1日~4日 3日目 予選最終日

明日の優勝戦メンバー決定しました!

12R 優勝戦
①芝田 浩治 選手(兵庫)
②清水 攻二 選手(山口)
③折下 寛法 選手(東京)
④倉谷 和信 選手(大阪)
⑤淺香 文武 選手(三重)
⑥西村  勝 選手(埼玉)

3484芝田浩治選手          3684清水攻二選手         3771折下寛法選手

3290倉谷和信選手          3712淺香文武選手         3589西村 勝選手


【第12回日刊ゲンダイ杯 】2017年6月1日~4日 2日目

 

3589西村勝選手   石塚久也・石倉洋行・折下寛法選手 4027松江秀徳選手   松江選手・3484芝田浩治選手

   

3290倉谷和信選手    4233亀山雅幸選手     4472尾嶋一広選手   3939渡辺真至選手・4516野口勝弘選手

   

3748小黒竜吾選手    3725向達哉選手     4114深澤達徳選手・4110小澤和也選手 3986沖島広和選手

3893汐崎正則選手    3296高柳成聡選手     4623中北将史選手  宮之原輝紀・吉田凌太朗・木幡純也選手


【第12回日刊ゲンダイ杯 】2017年6月1日~4日 初日

4144石塚久也選手    3992関口智久選手     3484芝田浩治選手     3684清水攻二選手

   

4962畑竜生選手     3771折下寛法選手     3589西村勝選手      4652酒見峻介選手

 

3939渡辺真至選手    3906飯山晃三選手     3655本橋克洋選手   4903吉田凌太朗選手・4859染川直哉選手


【第12回日刊ゲンダイ杯 】2017年6月1日~4日 前検日

安定感の芝田浩治を地元実績抜群の西村勝らが迎え撃つ 

4日間のポイント制で争われる。主力はベテラン、中堅クラスに多いが、安定感は芝田浩治が一枚上。前節びわこG2戦の優出2着など、近況は3節連続優出中。器用で的確なさばきを繰り出す。格では倉谷和信が上位だが、約4年ぶりの当地参戦なのが気がかり。速攻力ある一瀬明、そつない松江秀徳に尾嶋一広らが迫る。地元勢は攻撃型の西村勝や、ターン俊敏な石塚久也もV圏内だ。

3484芝田浩治選手    3290倉谷和信選手     3589西村勝選手     4144石塚久也選手

   

3641一瀬明選手     4027松江秀徳選手     4472尾嶋一広選手    3939渡辺真至選手

4110小澤和也選手    4215吉島祥之選手     3906飯山晃三選手    3712淺香文武選手

3878胡本悟志選手    3748小黒竜吾選手     3992関口智久選手    4600井内将太郎選手

4859染川直哉選手    4785木幡純也選手     4903吉田凌太朗選手   4939宮之原輝紀選手