【第2回 週刊大衆杯】2018年6月29日~7月4日 優勝者 4013 中島 孝平 選手

強風を自らの追い風に!中島がイン逃げV!
波立つ難易度の高い水面となった戸田最終日。準優を勝ち上がった6人によって争われた優勝戦はまさに風との戦いとなった。
スタートラインに対し、追い風が6メートル吹くコンディション。それでも優勝戦のスリットラインは中島孝平(福井=38)、山崎義明、須藤博倫の有力どころが互角の飛び出し。そこから足を伸ばしてきたのが地元の須藤。イン中島は「これは完全に(まくりに)来るパターンだなと」。思い切ったツケマイを放つ須藤を中島はしっかりと受け止め、先頭でバックストレッチへ。ここで最内から永田秀二の姿が中島の懐へと迫る「あっ、(ボートの先端が)掛かっちゃった」。しかし、何とか2マーク先取りに成功し、そこからは後続を突き放し、優勝を揺るぎないものとした。
「最後までモーターは半信半疑で…」と仕上がりに自信は持てなかったようだが、それでも優勝するあたりはさすがグランプリ戦士。今後については「一節一節を大事に」と気を引き締めていた。2着は地元山崎義明、3着は永田秀二が入り、勇敢な仕掛けを放った須藤は6着に沈んだ。

   

【第2回 週刊大衆杯】2018年6月29日~7月4日 5日目 準優勝戦日

明日の優勝戦メンバー決定しました!

12R 優勝戦
①中島 孝平(福井)
②山崎 義明(埼玉)
③上村 純一(群馬)
④須藤 博倫(埼玉)
⑤田添 康介(長崎)
⑥永田 秀二(東京)

 

4013中島孝平選手          3319山崎義明選手          4645上村純一選手

 

3983須藤博倫選手          3631田添康介選手          4430永田秀二選手


【第2回 週刊大衆杯】2018年6月29日~7月4日 4日目 予選最終日

6連勝で予選トップ通過☆須藤博倫選手 4日目連勝☆3556田中信一郎選手   4日目連勝☆4430永田秀二選手

4013中島孝平選手          3319山崎義明選手          3484芝田浩治選手

4545岡村慶太選手          4836大谷健太選手          3615横田茂選手

3439大平誉史明選手         3682切田潤二選手          3944山口裕二選手

4435服部達哉選手          4324海野康志郎選手         4645上村純一選手

4113木村浩士選手          3631田添康介選手          4872山下流心選手

3277齋藤勇選手           4654篠田優也選手          3585井川真人選手


【第2回 週刊大衆杯】2018年6月29日~7月4日 3日目

オール2連対☆4836大谷健太選手   初日後半から5連勝☆3983須藤博倫選手 3日目連勝☆3484芝田浩治選手

3944山口裕二選手          3439大平誉史明選手         3631田添康介選手

4013中島孝平選手          4545岡村慶太選手          4872山下流心選手

3556田中信一郎選手         3982福田理選手           4592小林孝弘選手

 

3757畑和宏選手           4752西尾亮輔選手          4113木村浩士選手

  

3711江本真治選手          4430永田秀二選手・3569増田進選手  5005石田貴洋選手・4836大谷健太選手


【第2回 週刊大衆杯】2018年6月29日~7月4日 2日目

4836大谷健太選手          3983須藤博倫選手          3319山崎義明選手

4110小澤和也選手          4013中島孝平選手          4324海野康志郎選手

4654篠田優也選手          4752西尾亮輔選手          5005石田貴洋選手


【第2回 週刊大衆杯】2018年6月29日~7月4日 初日

3983須藤博倫選手          4013中島孝平選手          3556田中信一郎選手

3944山口裕二選手          3319山崎義明選手          3439大平誉史明選手

4645上村純一選手          4324海野康志郎選手         4836大谷健太選手

4872山下流心選手         4944田代達也選手・4895門間雄大選手  5039倉田茂将選手


【第2回 週刊大衆杯】2018年6月29日~7月4日 前検日

超強豪の田中信一郎、中島孝平、寺田祥らを地元の須藤博倫が迎え撃つ

今回から新エンジン、新ボートとなり、準優3個制の6日間で優勝を争う。超強豪がそろい、SG5冠の田中信一郎を筆頭に、5月の尼崎オールスターを制し、SG2冠の中島孝平、同1冠の寺田祥も加わる。地元須藤博倫は今年優勝3回と来年の戸田クラシック出場権獲得へ着々と好ムードを築いている。さばき柔軟な芝田浩治の決め手も引けは取らない。山口裕二に安定感、岡村慶太は須藤同様、今年優勝3回の勢いがある。寺田と並び今年優勝2回の山崎義明、海野康志郎も侮れない。

3556田中信一郎選手         4013中島孝平選手          3942寺田祥選手

3983須藤博倫選手          3484芝田浩治選手          3944山口裕二選手

4545岡村慶太選手       前検1番時計(6秒74)3319山崎義明選手  4324海野康志郎選手

  

4430永田秀二選手          4191赤羽克也選手          3945橋口真樹選手

 

4110小澤和也選手          4836大谷健太選手          5005石田貴洋選手